有限会社イワミ自動車

有限会社イワミ自動車

〒418-0072
静岡県富士宮市矢立町698 TEL 0544-27-4473
FAX 0544-27-9939

▼サービス
8:00~17:00
第2土・日・祝祭日定休
▼ショールーム
平日・土曜日
9:00~18:00
日曜日
10:00~18:00
祝祭日定休
有限会社イワミ自動車

Uスケ店長の気まぐれブログ

かけだしトライアスリート車屋のUスケ店長こと岩見有祐が、トライアスロンやマラソンのこと、気になっていること、そしてついでに車のことを書いていきます。

昨年と全くの同タイム ~焼津みなとマラソン~

 

暑かった。

 

というのが感想。

 

毎日のジョギングは早朝、涼しい時間に行っているせいか、日中の暑さにはまだ慣れていませんでした。

 

 

一週間前の天気予報は「雨」10回くらいは出ているであろう焼津で初めての雨かな?

 

と思ったが、まさかの晴れ。

 

 

去年のような風も無く、スタート地点では暑さへの不安を仲間と話しました。

 

 

 

目標は1時間35分、キロ4分20~25秒位で走り切れればって所。

 

あとは10日ほど前から気になる、右足のももからふくらはぎの前側への痛み。

 

 

 

いつもの力也さんと、富士宮ランニングクラブの佐野さん。

 

佐野さんは、サブ1.5は楽勝と言ったところで、力也さんは相変わらずレース前はテンションが低い。

 

 

 

 

 

スタートしてからは、ガーミン君をあてにしながら「4分20秒」ほどのペースを刻みます。

 

去年の焼津マラソン前に購入したガーミン君、スゲー役に立ってます。

 

自分ではペースを上げてないつもりでも、上がっていたり、必要以上に心拍数が上がっていたりするのを教えてくれる。

 

レースでも練習でも頼りに出来るし、練習でのモチベーションになってくれています。

 

(左から2番目のタイムが1キロごとのラップタイムです)

 

ペースを守って走るのが苦手な私にとって、ガーミン君は最高のレースの友です。

 

序盤は4分20秒を刻んで行けました。

 

 

 

10キロあたりから暑さが気になってきました。

 

でも、この時ちょうど隣に私と同じ様なペースで走っている、

 

「青いシャツのボーズ頭のランナー」がいたので併走していきます。

 

多分、向こうも気にしてました。

 

 

 

たぶん、14~15キロのあたりだと思うのですが、折り返した後向かい風、

 

この辺りからキツくなって来ました。

 

青シャツもキツそうだけど、併走でどこまで行けるか?に切り替える。

 

「とりあえず18キロまで頑張ろう、あとは分からん」

 

 

 

15キロ過ぎからペースが落ちてきたのが分かる。

 

暑さで何となくもうろうとしてきて、気にならなかった右足のキツさも出てきた。

 

 

ここで良かったのが、青シャツの彼も一緒にキツくなってくれたこと。

 

この状態でも併走で19キロ過ぎまで行けました。

 

 

しかし、そこからは我慢できず、去年と同様この距離から大失速。

 

キロ5分を超えないように走るのが精一杯でゴールとなりました。

 

 

やっぱり距離を踏まない練習量だから、仕方無いです。

 

分かってこうしてますから。

 

 

 

 

 

 

 

ゴール後は、10キロに出場、青年会議所で同期で理事長をやった初マラソンの尾崎くんと合流。

 

去年の秋に参加表明をして、周りには心配されたりしていましたが、何とか制限時間内にゴール。

 

レース前には、職場の奥さんや仲間に励まされたり、お客さんに応援されたりと

 

「挑戦するのって良いな」って感じたそうです。

 

 

いつかはトライアスロンをやってみたいと言っているので、まずはリレーで私と力也さんと沼津の千本浜のレースにでも出てみようかと提案。

 

やろうと思ったら、やってみようということで。

 

 

 

 

ゴールタイム「1時間33分55秒」

 

去年と同じ様なタイムかな、と思っていたら、

 

全く同じタイムでした。見事だな。

 

 

  

 

来年は、コレより1秒更新を狙います。

 

 

 

その後、袋井の加藤くんも合流して。

 

青年会議所を卒業してから、マラソンやトライアスロンで切磋琢磨出来るってとても楽しい。

 

もともと青年会議所にパワーを注ぎ込める人たちの集まりだから、何でも出来ますね。

 

 

次は5月の熱海のアクアスロン、

 

そして、6月には今年も「アイアンマン70.3inセントレア」です。

 

 

 

暑さに慣れるように、日中も走るようにしようかな。

 

 

 

 

長い距離を走ると、「relive」が楽しい。

 

でも、アップダウンのほぼ無いコースなので変化がありませんが。